業者と行政で違う不用品回収の違いを紹介!

- リサイクルしよう

リサイクルしよう

家電リサイクル法対象物や産業廃棄物は、処理が少し面倒になるケースが多い。
そして面倒がってしまい、これらのごみを捨てずに溜め込む人もまた多いのである。
しかしごみはなるべく回収に出した方が、不用品のリサイクルも出来て地球に優しいはずだ。
少しでも理解を深めるために、これら二つのごみの処理方法について学んでみてはどうだろうか。
家電リサイクル法対象物は販売店か回収業者に持って行こう
家電リサイクル法に触れるエアコンや冷蔵庫などは、行政が引き取ってくれる事はない。
従って、エアコンなどの粗大ごみは回収業者に回収してもらうか、販売店に引き取ってもらいメーカーが処理する事になっている。
つまり家電は業者か販売店、どちらかに頼んで再利用してもらう方法が一般的なのだ。
産業廃棄物はどう処理するべきか
産業廃棄物を回収に出す方法の一つとしては、国から認定を受けた正式な業者に頼む事である。
念のため補足をしておくと、大抵の業者は廃棄物などは処理出来ないので、必ず認定を受けた業者に依頼することだ。
もちろん業者に回収出来ない廃棄物や引火性のある物でも行政なら処理してくれる。
業者と行政、もちろんどちらに頼んでも良いのだが、業者の方が手軽な手続きだけで済むはずだ。
地球に優しい行動を取ろう
行政はもちろん、ごみ回収業者は回収したごみをリサイクルしている場合がほとんどだ。
家電リサイクル法対象物や産業廃棄物は、確かに処理が面倒だし調べるべき事も多い。
しかし処理方法さえ分かってしまえば、面倒だと思う事は少なくなるはず。
もしごみを溜め込んでいるなら、今すぐ処理して資源に変えるのが最適な方法だ。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »




Copyright(C)2015 業者と行政で違う不用品回収の違いを紹介! All Rights Reserved.