業者と行政で違う不用品回収の違いを紹介!

- 粗大ごみこそエコになる?

粗大ごみこそエコになる?

業者と行政問わず、最近はどちらも不用品の再利用、つまりエコに力を入れている。
特に東京都などはリサイクルに関した取り組みに積極的だし、エコをセールスポイントにしている回収業者もあるのだ。
粗大ごみは再利用の価値があるごみなので、ごみを捨てる予定の人は今一度エコについて考えてみる事も必要だ。
エコに力を入れた業者を探してみよう
産業廃棄物は別だが、一般の業者は大抵の物ならなんでも回収出来るメリットがある。
そして環境活動に力を入れている業者なら、業者の方で不用品を再利用してくれる、というメリットも生まれる。
そのような業者は回収した不用品はリサイクルに出し、出来なかった物は処理、寄付、中古ショップなどで販売する。
エコなどに興味があるなら、こうした環境活動をしている業者に頼んでみるべきである。
リサイクルセンターを利用してみよう
地域、行政によってエコに対する取り組み方は様々である。
粗大ごみで言えば、その地域にあるリサイクルセンターに持ち込み、料金を支払って処分してもらうのが一般的である。
業者のように回収してくれる訳ではなく自分で持ち込む必要があるが、その代わり行政の方が処分費用は安い。
もし自分でごみを運べそうなら、値段の安いリサイクルセンターを利用してみてもいいだろう。
業者と行政、どちらに頼む?
業者と行政、両者の違いを簡単に言えば、業者は手軽だが料金は高め。
行政は自分でやるべき事が多く少々手間だが、料金は業者より安く済む。
判断基準としては粗大ごみの量になるだろう。
指定の場所まで運べそうなら行政。
それが無理そうなら業者に頼むのがベストな判断だ。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »




Copyright(C)2015 業者と行政で違う不用品回収の違いを紹介! All Rights Reserved.