業者と行政で違う不用品回収の違いを紹介!

- 粗大ごみの回収料金あれこれ

粗大ごみの回収料金あれこれ

粗大ごみ回収や不用品の扱いについて知っておくべき情報は多々ある。
例えば処分料金がさっぱり見当が付かない物があったり、追加料金がかかる物とかからない物の区別などだ。
いざ粗大ごみ回収をする時に役立てられるよう、少しでも知識を蓄えてみてはどうだろうか。
基本的には大きさで判断するべき
まず業者に依頼することを前提として、テレビなどと比べるとマイナーな粗大ごみの処分料金を調べてみたい。
まず食器洗い機、空気清浄機、衣類乾燥機などは2000円前後で、サーフボードやルームランナーは2000円〜3000円が目安。
ベビーカーや芝刈り機は1000円ほど、ギターやカーテンは1000円くらいが相場だ。
というように、やはり基本的には大きさと重さで相場を判断して良さそうだ。
もちろん行政に頼んだ方が処分料金は安く済むので、その場合は更に安価になる事は予想出来るだろう。
どうしても処分料金がネックになるなら、リサイクルに出すのも一つの手だ。
追加料金に気をつけよう
次も業者に依頼することを前提として話を進めるが、家電リサイクル法の対象物は追加料金が必要になる場合がある。
他にはエアコンなら取り外し料金、冷蔵庫などの巨大な物は運搬費も必要になるかもしれないので、見積もりの時に確認しておくべきだ。
ごみの種類によっては基本料金と追加料金だけでそれなりの額になるかもしれない。
従って、追加料金の可能性も頭に入れて最終的にどの業者へ、あるいは行政に頼むか悩むべきである。
選択肢の分かれ目は家電リサイクル法対象物
家電リサイクル法対象物は行政だと回収不可だが、業者だと大抵は回収してくれる。
人によってはこの問題が、業者と行政どちらを選ぶかの分かれ目になるのである。
何故なら自分で対象物を処理する場合、直接販売店などに持っていくという大きな手間が必要になるからだ。
もし対象物が沢山あるなら、まずはこの対象物をどう処理するか、という事から考えるべきである。
更に言えば、業者が回収できない産業廃棄物がある場合も、一つの分かれ目になるだろう。

  « 前の記事: を読む  




Copyright(C)2015 業者と行政で違う不用品回収の違いを紹介! All Rights Reserved.